CARLO ANTONIO TRAMUNTO

1970年カセルタカンパーナ州に生まれ。 90年代初期、車のワークショップに勤めながら、クラブ、イベントなどの芸術監督として活躍する。 同時期、ジーンズにあらゆるタイプの染料を施しエスペリメントを始める。 その後、ボローニャに移転、夜間芸術学校に通いながら数々のオペラを発表する。 この時期に小さなオブジェに値するレザー主流のアクセサリーの制作を開始する。 現在、ヴェルチェッリに在住し、BUCHINERISHOP のスタッフと共にCARLO ANTONIO TRAMUNTOのコレクションを発表する。